2013年05月23日

2013年エベレスト山頂へ 三浦雄一郎さん、世界最高齢での登頂記録達成

【三浦雄一郎 エベレスト 2013 現在 父 長男 トレーニング】
日本時間の23日早朝、難関多しエベレスト山頂へのアタックを開始した
80歳の冒険家、三浦雄一郎さんは、同日午後0時20分ごろ標高8848メートル
の山頂に立ちました。

23日午後0時20分ごろ、三浦さんと一緒に登頂した次男豪太さんから電話が入りました。

「(山頂に)着いたよ。」

雄一郎さんは、
「世界最高の気分だ。80歳でまさか着くとは。ヒマラヤの美しい景色が眼下に見える」

家族の方たちはほっとしたことでしょう。

三浦雄一郎さんは、今月16日、標高5300メートルのベースキャンプを出発し、
登山開始から8日目の23日、日本時間の午前5時半ごろ、標高8500メートル
付近の最終キャンプを出発しました。

◆三浦雄一郎ってどんな人?

1f8ee5a5.jpg

三浦 雄一郎さんは、、1932年10月12日(80歳)生まれ。
青森県青森市生まれのプロスキーヤー及び登山家です。
2003年は70歳で初登頂し、当時の最高齢記録となり、75歳の08年が2度目。
76歳で札幌市内のスキー場で事故に遭い、大腿(だいたい)骨の付け根や骨盤を骨折したが
リハビリに努めて克服。

三浦雄一郎さんの著者


◆エベレストの難関

・デスゾーン
標高8000メートル以上の場所を指す。
ここでは、地上の空気中の酸素濃度の3分の1であり、救助も難しいという。

・ローツェ(南峰)
平均斜度50度、登り終わってやっと頂上が見えるという。
初登頂では、ここを山頂と勘違いする人もいる。

・ヒラリーステップ
頂上直下(標高差80m)歩ける道は1メートルほど、両側が3000メートル以上の崖
になっているという。
現在では、固定ロープが張られ、岩の横に人がひとり通れるほどの溝ができて
登りやすくなっている。


今回の登頂成功により4歳の記録を更新することになりました。
日本人のエベレスト登頂者数はわずか、194人で、そのうち登頂後、エベレストで
8人の方がなくなっています。

経験を充分に積んだ登山者ですら、死を経験することもあるというエベレスト。
下山のほうが危険だといわれています。
三浦雄一郎さんが、無事に下山されることをお祈りします。

【スポンサードリンク】



posted by ペガサス at 14:13 | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする